知っているとダメになる動画講座


第四章
簡単カッコいい爆発アニメの作り方(後編)

(C)乃美康治 (C)乃美康治 (C)乃美康治

『爆発は芸術だ!』



*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*
レベル3
*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*
【簡単カッコいい描き方のコツを知ろう】

この章では、爆発をカッコよく見せる具体的なやり方を紹介するよ。


まず前の章の、おさらいから。

爆発の煙は等速度で大きくせず、後詰め(一瞬で大きくなり、その後じわじわ広がる)で描く

爆発の瞬間、写真のネガ状態のコマ(白黒反転させたようなコマ)を入れる

爆発は煙だけでなく、何が爆発したのかわかる背景を入れる

近くの爆発は一瞬で消し、遠く離れた爆発はゆっくり動かす





さて、それでは『爆発の種類』の解説から始めよう。

爆発アニメと言っても、それにはいろんな種類があるんだ。

ここでは初心者の人でも製作可能な、
適当に描いてもそれなりに見えるタイプの簡単なものをいくつか紹介するよ。


(C)乃美康治・未将崎雄・飛砂走石
煙(爆煙が広がるタイプ)の爆発例

この例は、3章でサンプルとして描いた煙を流用してるため
少し白くて違和感があるかもしれないけど、
一番ポピュラーな爆発だよ。
バスケで言うならドリブルみたいなモンだから、しっかり覚えよう!




(C)未将崎雄・飛砂走石
炎(火の玉が広がるタイプ)の爆発例

これもよく使われるタイプだよ。
この例では、多段式(爆発が一度ではなく何回も広がる形式)にしてみたよ。




(C)未将崎雄・飛砂走石
デザイン化された爆発例

製作時間が上のふたつに比べると圧倒的に短くてすむのに
そこそこ見栄えがする便利なタイプだよ。
リアル系にはあまり向かないけど、ギャグ系とかでは重宝するよ。




(C)未将崎雄・飛砂走石
閃光と振動の爆発例

これも製作時間が短くてすむのに、けっこう見栄えがする便利なタイプだよ。
最後の煙は、フォトショップというソフトで適当に煙を描いて
ぼかし(放射状)フィルターをかけたものを、上下左右に動かしているだけなんだ。


ちなみに今回の例の下三つは、ペンタブを使わず、あえて全部マウスで描いてみたよ。
実製作時間は、炎の例が約2時間。
デザインと閃光の例が、それぞれ30分くらいだったよ。




これは、どのタイプかが正解で、他は間違ってるとかいう話じゃないんだ。

作品の種類や状況によって使い分けよう!



じゃあ、具体的な解説に入るよ。



前の章のサンプルを使って、これにいろんなエフェクトを入れてみるね。

(C)乃美康治・幸三郎・飛砂走石





まずは定番と言える、爆心地を中心とした光と影を強調したコマの追加。

(C)乃美康治・幸三郎・飛砂走石

コントラストをキツくした感じの絵を一瞬入れると、カッコよく見えるんだ。



(C)乃美康治・幸三郎・飛砂走石
↑↑元画像↑↑
 
↓↓コントラストを強調し、爆心地から影の所を黒くした画像↓↓
(C)乃美康治・幸三郎・飛砂走石





次に、これも定番と言える地面の揺れ。

(C)乃美康治・幸三郎・飛砂走石

これが入ると、迫力が増すよ。

やり方として、「激しい揺れ→ゆっくりした揺れ」と行くパターンと
「ゆっくりした揺れ→激しい揺れ」と行く逆パターンがあるんだけど
これはもう臨機応変に使ってね。





さらに爆発を多段式にしてみたよ。

(C)乃美康治・幸三郎・飛砂走石




かなり良くなってきたけど、なんだか同じような爆発ばかりで画面が少し単調だよね。

じゃあどーすればいいんだろう?

そう、爆発の種類を組み合わせればいいんだ。




『爆発の種類』のところで紹介したものを、全部入れてみたよ。

(C)乃美康治・幸三郎・飛砂走石
閃光→デザイン→炎→煙




この例は、種類の解説で使った絵をあえてほぼそのまま使ってみたけど
かなり迫力があり、変化のあるカッコいい爆発になってきたね。

同じタイプの爆発ばかりが続くと、がんばって描いてもなかなか効果はあがらないんだ。



いろんな種類のエフェクトを組み合わせると爆発はカッコよくなるんだ。

これが、【爆発の基本、その3】だ。


あとは余力のある限り、爆風の細かい破片をできる限り描きこもう!
(破片の動かし方は、後の章で解説するよ)





*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*
+ 爆発アニメをカッコよく描く、コツ +
*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*

爆発シーンが、どうしてもうまく決まらないっていうときがあるよね。

そんな時は、一度爆発から離れて
生け花をするように考えると、うまくいくことがあるよ。


つまり爆発ではなく、綺麗な花を元絵に描き加えるつもりで
どんな花がどこにどういう順番で開くと綺麗かを考えてみるんだ。

(C)乃美康治・飛砂走石




いろんなパターンで考えてみてたら、いつか絵画のような美しい爆発ってものが
きっと君にも描ける日がくるよ!

(C)乃美康治・飛砂走石



アニメはしばらく作っていると、たまに行き詰って悩んじゃうことがあるけど
そんなときはこんな調子で、まったく別な見方をすると道が開けたりするから試してみてね!





*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*
爆発まとめ
*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*

【爆発アニメの基本、その1】
爆発の動きは『後詰め』


【爆発アニメの基本、その2】
爆発をカッコよく見せたかったら『背景』を入れる


【爆発アニメの基本、その3】
いろんなエフェクトを覚えて、それを組み合わせて使おう





第五章
簡単カッコいい格闘アクションアニメの作り方へ


みんな、くれぐれもココが、ダメになる講座だってこと忘れないでね。


ダメ講座 目次へ


トップページに戻る